ミツバチの受粉活動

mehi-kirsikassa610

養蜂はフィンランドの自然の多様性と豊かさを守る役割の一部を担っています。とりわけ、ミツバチが自然の植物や作物の受粉活動を効果的に行うことで、植物の繁殖を助け、収穫物の品質とその収穫量を改善します。果樹や、野生種を含むベリーの低木などは特に、その受粉活動の恩恵を受けます。これは間接的ではありますが草花や作物の実りに恩恵を受ける動物や鳥にも影響を与えることとなります。フィンランドにおけるミツバチの受粉活動の価値は6千万ユーロに相当すると推定されており、はハチミツ収穫総額の何倍にもなる計算です。(出典:Lehtonen, T. 2012. The Economic Value of Bee Pollination in Crop and Wild Berry Harvests. University of Helsinkiによる)

mehi-voikukat610

フィンランドはちみつは自然の良きパートナー